2021年03月25日

今週は入稿がないが...

 今週は印刷入稿がない。だから、気が抜けたのか思ったようにできない。憂鬱な気分にもなる。自由な時間はあと4日間ある。何とかしよう。何とか楽しもう。

 ◎映画「シグナル」を見る。物語はMITに通うニックをジョナは大学のPCにハッキングしてきた “ノーマッド”と言う謎のハッカーの正体を追い、何かに感染してしまう。ジャンルはSF、サスペンスだそうだが、ちょっと期待が外れた。

 シーンが幽霊らしきブラックボックスだとすると、その魑魅魍魎な世界に、子供の頃から大人になっても、意味なく怯える。これって、古い井戸には近づくなという寓話として役立った。

 この映画の最先端のITとなると、そのブラックボックスを考え始めると、人知を超えてしまい、謎が解けないままラストシーへと導かれる。仮にそのシーンがシンギュラリティの結果だとすると、これからの新しい恐怖と捉えることもできる。これって未来からのシグナル(警鐘)なのか。強引に想像した。つまり、この「シグナル」はよく分からなかった。

 ◎映画「家へ帰ろう」を見る。物語は、アルゼンチンに住む88歳の仕立屋アブラハムは、70年前にホロコーストから命を救ってくれた、親友に自分が仕立てた「最後のスーツ」を渡すために、人生最後の旅にでる。

 ラストシーンのセリフは、「家へ帰ろう」でなく「家に帰ろう」だった。人生最後の旅の終着駅は、自分自身の原点でもある自宅に帰った。静謐な心に沁みる感動を得た。
 
 それから、気が滅入ったのはある通販サイトで、不正アクセスがあり勝手にオーダーがあった。購入した金額は全額返金された。友人にも全く同じことがあった。まさか自分にもあるとは。最近のテレビ報道では、LINEもセキュリティに問題があるようだ。

 「シグナル」ではないが、謎が解けないまま日常へ戻る。
 分からないことが多すぎる。だから、憂鬱にもなった。


posted by トモ兄 at 02:16| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。