2021年10月26日

深夜から夕方に掛けて...お楽しみはこれからだ

昨日の深夜から今日に掛けて、出発日をいつにするか少し迷ったが、航空券の特便割引とホテルの早割が、期限ギリギリだったので出発日を決め予約。コストもできるだけ抑えることができた。これから連絡を取り、もう1日伸ばすかは、会いたい人の都合もあるので決めたい。とりあえずホットした。帰りは、何とか東京に着けばいいやぐらいの気持ちでいる。

一昨年は帰崎し兄を見舞った。今回は線香を上げる。また、友人とも会うが、墓参りの旅になりそうだ。個人で仕事をしていると自由にできそうだが、実はなかなか都合が付かない。

今朝は、理事長として駐輪場問題を確認した。しかし、ほんとバカバカしいマナーの悪さと、おそらく違法駐輪で、駐輪代を支払っているか管理会社で調べている。いい大人がなぜできないのだろう?
次ぎにすぐ、地下ピットの地下水対策と工事費等の問題も始まる。施工業者からの回答がある。
また、マンション住人の入居と退居が多くなってきた。結果論だが、築年数が経ってくると、必然的に老人ホームのようになりつつあるが、若い住民の入居があり、赤ん坊や子供たちの姿が多く見受けられるようになった。おそらくいいことで、大袈裟だが、マンションまでが若々しく感じてくる。

そして、今日夕方はいよいよ卓球&『飲みニケーション』の2ゲームマッチ。そして、またヘボコーチを再開する。
1年半ぶりだろうか『飲みニケーション』は?
この日を待っていた。今日1日の最後の蓋を開けると、最後に残っていたお楽しみが飛び出してくる。

...お楽しみはこれからなのだ(^_^)□/\□(^_^)

今日は不思議な感じがす。『飲みニケーション』するために、体調を整えている自分。あまりエキサイトしないように。
ファイト!(^^)!


posted by トモ兄 at 16:50| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月25日

『もう1勝』と、帰崎_3

ブログを書きながら、ふと思った。団体戦でシングルスやダブルスで勝ったのも珍しいが、試合の翌日、体に痛みがなかったのは、ほんと何十年ぶりの出来事だ。これも間違いなく、散歩や軽いジョギングが影響したのか。毎日は難しいが、習慣にしたい。

今日、新聞の休館日が分かった。再度計画を練り直す。
新聞は2紙の組版制作をさせて貰っていて、休刊日が重なった。最大で1週間の自由時間ができた。
さてどうしよう。

行きは飛行機で、
帰りはのんびりと電車で帰ろうかと考えている。

兄のお葬式に行けなかったので、連絡をとって線香を上げに行く。もうそうそう長崎には帰れないと思うので、親戚や友人と会ってみたい。それから、できれば福岡・名古屋に寄って東京に戻る。

まずは、日にちを決め早割で飛行機のキップとホテルの予約を取る。


posted by トモ兄 at 23:02| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『もう1勝』と、帰崎_2

今週末31日(日)は衆議院議員選挙なので、帰崎は延期することにした。

また、11月は月曜日が5週あり、1回新聞が休刊になるので確認し、その前週に帰崎することにした。

なぜそんなに慌てているのか。兄が亡くなった。


posted by トモ兄 at 14:24| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『もう1勝』と、帰崎

急だが帰崎することになった。できれば金曜日の夕方に東京を出発し長崎着。そして、日曜日に東京着でスケジュールを調整しようと思っている。せっかく帰るので何人かと会いたいが、仕事の都合で2泊3日しかできない。長崎にはそうそう帰れないので、できるだけ友人に会いたいが、また無理かもしれない。

卓球ではない『もう1勝』は難しそうなので、予行練習程度の気持ちで行うことにした。

また、月末なので、覚悟の強硬スケジュール&弾丸ツアーになる。どうしてもこんなスケジュールになったしまう。

前回の帰崎は丁度台風と重なり、予定よりも1日早く出て、ギリギリセーフで夕方の新幹線に乗り込み、長崎に着いたのは25時だった。

今回は、緊急事態宣言が解除された最初の金曜日で、飛行機のキップやホテルの予約できるだろうか。

まずは、飛行機のキップを取りたい。

ラベル:もう1勝 帰崎
posted by トモ兄 at 12:31| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月24日

独り祝勝会、3部準優勝、成績は2勝2敗_3

今朝はいつものように、約1時間の散歩から始まった。
11時50分に迎に来てもらって総合体育館へ

3部B組は、5チームで4試合ある。
13時ぐらいに試合が始まり、

1試合目、団体戦は3-0で負ける。ダブルスに出場したが簡単に負けてしまった。相手チームは2試合目で、僕らのチームは初戦で調子が出ないまま、あまりにも簡単にダブルス、2シングルスが負けてしまった。3部は、その第一試合目に負けたチームが優勝した。

2試合目は、1試合目があまりにもひどかったので、残留というよりもこりゃダメだと思った。全敗で降格を覚悟した。しかし、すぐにお楽しみコースに切り替えた。
ダブルスは他の2人に任せ、僕は負けると思っていたが意図的に2番にエントリー。ゲームはフルセットで何年ぶりかに勝った。

3試合目は、ダブルスに出場した。1試合目のダブルスは散々だったが、調子が出てきて割と簡単に勝った。これで2勝目。信じられない。3部で勝てるとは思っていなかった。

4試合目は、シングルスに出場して負けた。

4部で全く勝てなかったのが、僕の成績は3部で2勝でき、上出来だった。しかも団体戦は準優勝だった。

勝てたのは、1日おきぐらいの散歩やジョギングが影響した。また、試合の2週間前ぐらいからヘボコーチを中止し、自分自身の練習や試合練習を週2回した。だから、久しぶりに2勝上げることができたと思う。間違いない。

これから、自分自身の練習をすると強くなれるが、僕の倶楽部での役目は60・70・80歳の人ににコーチングすること。僕はそれでいいと思っている。で、また練習もしていないのに試合で負けて悔しがる。僕のチームへの貢献は1勝することよりも、コーチングすることでチームに貢献する。

それから、みんなと練習後に焼き鳥屋で1杯やること。
これが最高で、幸せを感じる。

明日から、緊急事態宣言が解除される。
早速1年半ぶりぐらいに、
火曜日、ヘボコーチ後、飲みニケーションができる。

卓球&飲みニケーションのために、両太もも足首にシップを貼った。思い切りスイングした割には、肩と腰はそんなに痛みはない。もしかすると、明日辺りから痛くなるかも。
とにかく、今月の目標である『まずは、1勝』は達成した。

もう時間は1週間しかないが、『もう1勝』と、帰崎のための計画を練る。
ファイト!(^^)!


posted by トモ兄 at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月23日

いよいよ明日は団体戦..._2

前回の団体戦は4部リーグの2位で、3部には昇格できなかった。ところが、今回は新型コロナの影響だろうか参加チーム数の変動で、いままでなかなか昇格できなかった3部になった。

ということは、当然対戦チームが強くなる。大昔の話をしてもしかたがないが全国大会の出場や、在住区の1部で戦っていた。シングルスも団体戦も優勝した。現在では、4部のクラスの選手にも勝てなくなった。だから、オーダーを組むとき、エース格の選手を指名し僕は戦力外として、オーダーを組み立てる。ただし、他の選手は間違いなく3部で戦える力を持っている。つまり、3部で優勝する目はないわけでもない。

だから、どうしようということになるが、区外の選手が2人いて彼らは強いが、一緒に練習したことは全くないので、現在の調子は分からない。まずは、団体戦の1試合目を見て、今回は楽しむのか、残留もしくは優勝を目指すのかを考えたい。当然その考え方によってオーダーの組み方は変える。

いずれにしても、今回の団体戦は面白くなりそうだ。
また、できれば祝笑(勝)会ができれば...。

最近、練習会場で学生の卓球練習を後ろ側から見た。
両足は平行足で腰を回転させながら、球出しされたボールを強い回転のドライブボールで連打する。体重移動があっても、両足は確かに移動は少なかった。だから、通常の打法をドライブ打法にしたいようだ。ミート一打ちをするとフォワショートの用でよりコンパクトに見えた。

僕の学生時代で同等のドライブボールを打とうと思うと、全身打法でしか打てなかった。また全身打法では、今の練習方法のような球出しのスピードと玉数には対応できない。

僕の学生時代で平行足打法はなかったわけでもない。それは中国選手の打法で、当時とんでもない大嘘がまことしやかに語られていた。それは誰が言い出したのか知らないが、卓球環境の悪さで、体育館の床がよく滑るため、その条件に対応するため、全身打法よりも平行足打法が適していた。真っ赤な嘘だった。つまり、早さを追求するためには、平行足打法が必要だった。しかも、当時卓球王国であった日本卓球に勝つために研究された。中国はお国柄だろうか、とにかく徹底している。

以前、試合に参加していたときに、上半身でだけでなく、下半身(足)の動きも見ていた。たとえば僕らの世代の選手は、試合中に平行足になると、ミスが多くなったり極端に打球が弱くなることがある。

おそらく、対戦選手を平行足にする組み立てパターンがある。それが分かると、3球目攻撃と組み合わせると勝てる。そんなことを考えアドバイス?したこともあったかも。

今は、1人の選手にあまり負担を掛けすぎないように、ケガがないようにと考える。結局、みんな60歳を過ぎている。
久しぶりの団体戦参加で、同窓会ぽくなることは否めないが、とにかく、僕は他力本願になってしまうが、できることをやりたい。団体戦の成績はどうなるのか?楽しみだ!

このブログを書きながら、ワクワクドキドキしている。


posted by トモ兄 at 13:02| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月21日

今朝は、ちょっと焦った..._2

今日の睡眠時間も昨日と同じようなものだが、まずは、レイアウトフォーマットなどを修正し保存?ところが、エラーが起き保存できなくなった。ということは、修正ができないも同然で、朝から困ってしまった。

それから、落ち着いていくつかの方法を試し、保存ができるようになりメールした。最新のMacOSにアップグレードすると、アプリに不具合が出る場合がある。

ついでなので、朝からいくつかアプリの作動検証を行った。やばいと思ったのが、ノートンが作動してない。すぐにノートンにアクセスしチャットで現状を説明し、リモートアクセスしてもらい、改善を図った。
結局はアンインストールし、再度インストール。ノートンは正常に戻った。

原因を聞くと、やはりOSのバージョンアップにあるようだ。特にセキュリティのルールが変わるらしく、アプリが不具合になることがあるらしい。そうなると、アンインストールし再度(対応したバージョン?)インストールするしかない。

ちょっと恐かったのが、2日間ノーセキュリティー状態だったこと。すぐにウイルスチェックし問題なくホットした。
また、問題解決してもらった上に、1カ月間のライセンス期間プラスのサービスがあった。感謝したい。

ついでに、もしウイルスに侵入されると、どうなるかを質問すると、再度ウイルス対策ソフトをインストールし、ウイルスを取り除いても、取り除けないケースがあるらしい。その場合は、すべてのデータなどを外付けハードにバックアップし、PCを初期化する必要があり、時間と手間も掛かりもったいない。それだけは、勘弁して欲しいと思った。

最近、PCといい体といい、進化と退化を同時進行しているように思える。だから、予防とメンテナンスも同時進行させないと、この先に対応できないのでは...

今朝は、ちょっと焦ったが...落ち着いてファイト!(^^)!



posted by トモ兄 at 14:42| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月20日

今日の調子は...

いま、applewatchがピンと鳴った。何だろうと見ると、AutoSleepが立ち上がり、今日の睡眠時間は3時間30分と表示。それにしては疲を感じない。それよりも心配なのは、膝の調子で、腰の痛みから膝に移りシップを貼った。

最近、様々なところが痛み出した。もっとも恐いのが目の調子で、夕方近くになるとかすみ出し痛くなる。また、耳の調子も悪くなった。ところが、睡眠時間をたっぷり取ると、まるでお薬で、そんな症状がほんとに軽減する。

分かっているが、何と不健康な生活をしているのだろう。

今日は印刷入稿日だから、気が張って疲れを感じていないことぐらいは分かっている。また、二日後に印刷入稿がある。それまではこの緊張感がつづく。

これが僕の日常で、今は土・日曜日が完全オフになり、適当に休む。これでバランスがとれている。

今月の目標は『まずは、1勝』で、僕の日常にプラスされた。
面白いといえば面白い。かなり疲れるが、何とかしよう。

ということで、ファイト!(^^)!

そろそろ印刷入稿が始まる...


posted by トモ兄 at 11:10| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月19日

昨日、2つの出来事_2のつづき...

そういえば、マンション広告専門の時代があった。麻布のプロダクションにいて、パンフレット、価格表、図面集、新聞広告、チラシ等を制作していた。曖昧な記憶だが、図面集に地下ピットがあったかを思い出せない。そうなってくると、そもそも論でどうして地下にピットがあるのか。管理会社(3社目)に、今度会ったら聞いてみよう。

夕方から、卓球練習をした。2日連続は余りない。
とてもいい練習になった。体は、散歩をし毎日少し負荷を掛けていたのでなんとかギリギリで保った。

お風呂に入り夕食がすんでから、少し仮眠を取る。

だいぶ落ち着いたので、これからまた仕事をする。
ファイト!(^^)!


posted by トモ兄 at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日、2つの出来事_2

 一つ目は、マンション管理組合の理事長としての疑問

9月13日に業者設置による排水ポンプが、いまだにピット内の地下水を汲み上げている。いつまで続くのだろう。想定外の地下水の量なのか、それともピット内備え付けの排水ポンプの排水能力オーバーなのか?(書面によると、原因は目視の結果、排水ポンプの吐出口の逆止弁の不良らしい。また、逆止弁交換と掃除対応で改善されると推測?)

マンションは築22年。管理組合は輪番制で約7〜8年で理事が回ってくる。そういえば、誰も地下ピットやその排水システムに質問する人はいなかった。また、友人が他の管理組合の理事で、地下ピットを尋ねると、そんな設備はない。嘘でしょ?どこのマンションにもあると思っていた。最低限の知識もなく、提案された対応策と見積もりが出ると押印する。これじゃ、適正なのか全く分からないし、修繕積立金から支出される。理事会メンバーだけで決められる予算額だが、ほんとやばい!

だから、(随分随分)遅ればせながら、最小限の疑問を管理会社の担当者宛てに、「地下ピットと排水システムについての疑問」をつくり送った。このままでは、ほんと話にならない。

ピット図.jpg

好きでなった訳ではない。
理事長は、ほんと面倒くさい。
そんなことを考えながら、仕事の合間でつくった。

 二つ目は、夕方からの卓球練習。

久しぶりに、中学校で練習した。以前はここでもヘボコーチをしたが、試合前なので取りやめ、自分自身の練習やシングルスの試合練習をした。

もう何年ぶりだろうか、練習相手にバック側から、クロスにショートして貰って、ドライブで打ち、ストレートに返球して貰い、飛びついてフォワクロスにドライブで打つ。

まず、最初のドライブが何回も空振り、ボールは見えているが、スイングしても当たらない。嘘みたいだがほんと腹が立った。そして、何とかなると、今度はファワに飛びつけない。また何とかなりだすと、今度は腰の回転を使わないとフォワクロスに打てない。たかが15分ぐらいの練習だったが、完全に電池切れ。

こんな練習は何年ぶりだろう。遅い夕食をとり爆睡。
5時に起床し、フォーマットを2本制作しメール。それからまた別件で2本修正しメール。

今朝の腰の痛みは、特別な痛みで、当然だが朝一でシップを貼る。こんなことで大丈夫だろうか。

明日のいつもの印刷入稿準備は整った。そして、次の印刷入稿のフォーマットも準備できた。

夕方、雨にならなかったらいつもの体育館でヘボコーチは取りやめるが、試合前の最後の練習をする。
前回は2位で、団体戦は4部のリーグだと思ったら、3部に格上げされていた。僕は4部で戦力外通知だった。今回もにわかづくりだが、できることをやる。ただし、僕以外のメンバーは3部にでても全く問題ない実力がある。

とにかく、「まずは、1勝ち」を目指し、団体戦を楽しまないと。
ファイト!(^^)!

posted by トモ兄 at 14:46| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月17日

さて、朝1で行ったことは...

まず、右の腰にシップをすぐに貼る。

ヘボコーチするときは、一定の位置に陣取り球出し。できるだけシステム練習を行う。フリックから3・5球目攻撃など。

また、ヘボコーチするときは、自分自身の練習はしないし、シングルスとかダブルスの練習試合はしない。1人のコーチングは5分〜10分を目安に行うと、その練習会場の時間はそれで終わってしまう。

だから、自分自身でフットワークもしないし、膝の屈伸も使うことがない。また、試合ではサーブやレシーブで始まるが、試合練習をしないので必要ない。だから、まだ欲(試合で勝ちたい人)がある人は、コーチになるとストレスの原因になる。また、たまに試合練習をすると、無理するのか体が痛む。

知り合いのプロのコーチが40歳になり、その年代で全日本の上位入賞を目指した。ところが、彼が言うにはコーチの仕事をしているとそれは難しいので、コーチングに少し手を抜いたそうだ。そして、期限限定だと思うが、彼の強い卓球仲間と練習に励んだ。

彼に有料で指導を受けている生徒は、最近コーチングに身が入っていないと不満を漏らす。
彼の戦略は、年代別で入賞するとコーチに箔が付くので、生徒が増加すると踏んだ。当然売上げ増で豊かになる。彼にとってのマーケティングはどうなったのか、その結果は分からない。

僕にとってそんな必要性は全くないが、だからといって、年2回地元の試合は、負けることを前提としていない。ここに矛盾があるが、その条件下でも何とかしたいと年2回考える。こういう悩みは僕にとって、曖昧なことにしていないと、精神的や体が参ってしまう。曖昧さは行き当たりばったりい見えて、臨機応変で、柔軟なバランス感覚でもあると思う。

知り合いのプロの卓球コーチと僕の職業であるグラフィックデザイナーは超零細な個人事業主で、とにかくその仕事でなんとかして食えないかと、様々なことを考え実践する。つまり、できることを行う。

少し大袈裟は話になるが、収入を得るためのビジネスモデルは、如何にして自分自身のマーケット(必要とされること)をつくるかにある。そのためには努力が必要で、僕にとって、その優先順位は卓球のコーチングでない。自分自身のマーケットづくりはとても難しい。
プロの卓球コーチのとった作戦は、成功したのかしなかったのかは分からないが、何もしなく後悔するようりもよっぽどいい。

あぁ、腰がいたい。
この痛みを何とかしないと。
ファイト!(^^)!

posted by トモ兄 at 12:16| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月16日

シングルスを試合練習を行った

予定通りにシングルスの練習練習をした。もうボロボロ。特にフォア側の短いサーブと、台から出るギリギリのサーブが全く打てなかった。それから、試合を始めてから気が付いたが、余計な予備動作がある。もう時間がないが、この予備動作を少なくしないと、団体戦では1勝もできない。おそらく前からあったかもしれないが、動作のスピードが遅くなったため、最大の欠点になったかも。しかも、そこに試合中の電池切れも加わる。もう最悪。

久しぶりに合った卓球仲間がいた。彼もボロボロだそうだ。いろいろ理由を言っていたが、全く僕ともあてはまる。そんなこと考えても仕方ない。練習するしかない。試合まで残された時間はもう少しある。

今夜は、西鋭夫著『新説・明治維新』を読み終わって寝ることにする。

posted by トモ兄 at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中日、今月の目標である『まずは、1勝』は?

花金って、最初に使われ出したのは1990年代(バブル期)だそうだが、最近、実感する。金曜日の深夜は仕事から開放され、ワイワイガヤガヤではないが、映画を見たり本を読んだり。独りお酒を飲みながらの〜んびりと楽しむ。
そんな金曜日の深夜が、ほんと待ち遠しくなってきた。

今日は今月の中日で、今月の目標である『まずは、1勝』を見直すことに。

たとえば、卓球秋季団体戦で『まずは、1勝』は、前に較べると多少はスタミナが付いた。ところがそれだけでは『1勝』できない。団体戦日までに4回練習ができる。できるだけシングルスの試合練習をしようと考えている。結局、いつもにわかづくりになるが、以前はそれすらできなかった。
また、スポーツをリスクにしないために。最低限『1笑』するために。残された時間でできることを行う。

そして、後から付け加えた『もう1勝』は、仕事のマッチングサイトのコンペに応募すること。
これがまたなかなかできない。現状では、何に応募するか決まっていない。まずは課題を決め、とにかく応募すること。
また、他の応募者や当選者を見ると、見せ方のバリエーションに優れている。だから、僕も見せ方に工夫したい。

今日はなぜか、焼き鳥で飲みたくなった。深夜にコンビニでレモンサワーと焼き鳥を購入し、『まずは、1勝』の進捗状況を見直した。珍しくレモンサワーを2缶目。完全にできあがってしまった。あとは、夢に落ちる(-_-)zzZ


posted by トモ兄 at 01:16| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月13日

どこまで関心をもっているだろうか

最近、数種類のクラウド型のビジネスアプリケーションを使うことが多くなった。仕事でのやり取りでは当たり前になりつつありやっと馴れてきた。その方法はほとんど文章で行われる。つまり、リテラシー(文章の読み書き能力)が必要になってくる。そんなのありませんといいたいところだが、それはとても不味いことになる可能性がある。

一時期、講座を受講していた頃があって、担当講師の著作を数冊購入し読んだりもしていた。たとえば、妹尾堅一カ(先生)著『知的情報の読み方』は、本を開くと付箋が貼ってあって、本文には蛍光ペンで線が引いてあった。しかし、信じられないほど見事に忘れている。もう1回読んでみようかな。きっと役立つ。特にこれからは。

昨日は、仕事ではないがマンション管理会社とのメールのやり取りで、意外なことが分かってきた。それは、マンション地下ピット内に溜まる地下水の水抜き作業についてだ。

20年前の理事会でも、同様の地下水の水抜き問題があった。その時、この地域はもともと沼地で水分を多く含み、そのためにマンションの地下にピットがあり地下水の水抜きを行った。近接のマンションにも同様の問題があることも分かっていた。
ところが、問題の本質は想定外の地下水量で、たびたび排水ポンプの能力オーバーでモーターが焼き切れ取り替えた。そんなことを何回か繰り返した。

それからは、ピットの1カ所にある蓋を開け、そこから別の排水ポンプを設置し地下水の水抜を行うようになった。

なぜそんなに地下水が多いのだろう。そのことは、水分を多く含む土地柄という「暗黙の了解」で疑われることはなかった。つまり、そんな常識的なことを疑っても仕方ない。

今年になって、ピットの反対側にもう1つの蓋の取り付け工事があった。ピット内で点検や調査を行う場合に、両方の蓋を開けることにことによって、空気の流れを確保できるようになり、より詳しい調査が行われたようだ。

その結果が、昨日の管理会社との数回のメールのやり取りで、
まだ調査中だと思うが、ピット内で湧水?の場所(壁のに穴)が撮影された。このことは、可能性として地下水だけではなく、マンション前の道路地下にある雨水用の下水道?も影響し、何らかの原因で地下ピットに雨水が流れ込んでいるかも。夜間、水道局による道路側の漏水調査も行われる。

つまり、水分を多く含む土地柄という「暗黙の了解」を20年ぶりに疑い調査されることになった。また、新たに対応策も考えられる。だから、マンション住民にとって、様々な観点でとても重要なテーマだ。特に1階の住人にとっては。

マンション管理会社のもっとも伝えたい内容は、10月に開催予定の第3回理事会の開催方法についてで、書面による地下ピット状況報告のみの理事会開催の検討のお願いだった。

そこで、理事長として中間的な状況報告だけでなく、調査結果とその具体的な対応策と日取りなどの説明を受け、その場で見積もり等にも押印したいと伝えた。つまり、1回で済ませたかった。

この交渉の結果、月1回の理事会開催は管理規約で外すことはできなく書面で開催したい。また、次回は調査結果や具体な対応策が分かり次第、早々に理事を招集し、会議室で各理事に状況を説明し、見積もりに押印することまでを行いたい。

このやり取りは、印刷入稿制作の合間に、数回のメールで理事長である私と管理会社の担当者の間で速やかに行われた。

そして、最後にこんなことを担当者に尋ねた。

他の理事たちはメールで、同期や非同期でもこのやり取りを読むことができますか。

その答えはノーで、他の理事はメールのアドレスさえ登録していないそうだ。こんな大切なことが、書面のみの事後報告となる。zoomでできれば。現状では夢の夢だ。

また、理事長として見積もりはまだ分からないが、予算に押印することになる。つまり、マンション住人の大切な修繕積立金からそのコストが支払われることに。他の理事たちは参加してくれるだろうか。どこまで関心をもっているだろうか。もしかすると、えぇ、私って理事?そんな人がいたらもう話にならない。バカバカしい。やってられない。
無関心は最大のリスクなのだ。

こんな状態で1年間、線路はつづくよ。嘘でしょう(^_^;

posted by トモ兄 at 16:53| 東京 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今回は、何があったのだろう?

今日の卓球練習でダブルスの試合をした。ここまで動けなくなるとは。悲しいかなそれは現実で、実感した。もう少しで秋季団体戦がある。どうしよう?『まずは、1勝』の目標を立てたが...(^_^;

そんな気持ちでブログのアクセス解析のページ別を見ると、なぜか【卓球】荘則棟ファンの方へ に多くのアクセスがあった。不思議(・O・;

このブログは
卓球王国2003年7月号〜11月月号の『伝説のチャンピオン、波乱万丈の人生を語るVol.1〜5』を卓球王国WEBで読んで感想を書いた。

荘則棟は世界チャンピオンになり、スポーツ大臣まで登りつめた。いわゆる雲の上の人物になったが、いずれだれもが雲の上から地上へ軟着陸するときがくる。その道のりには、想像を絶する苦労があった。

そして、いまは平穏な生活を取り戻した。
荘則棟は最期に

 栄光があって、転落したあとに平凡に戻った。
 昔を思うと、当時の私には若さも能力もあった。
 今は夕日のたそがれ時だけど、まだ私は赤く燃
 えているのです。

と語った。

僕も感想の最後に

 「何事もなきを宝に年の暮れ」と結んだ。

実は、『伝説のチャンピオン、波乱万丈の人生を語るVol.1〜5』と、沢木耕太郎著『王の闇』や『敗れざる者たち』を重ね合わせていた。また、「何事もなきを宝に年の暮れ」とは、確か洪自誠著『菜根譚』で知った。

2012年02月24日【卓球】荘則棟ファンの方へ にアクセスしてくれた人たちは同年代だろうか。

急激にアクセスが増加したときがあった。その時はおそらくと思ったが、荘則棟が死去した日だった。
今回は、何があったのだろう?たまたま?

posted by トモ兄 at 00:51| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月11日

ところが...つづく

ところが、印刷入稿は今日だという時に、広告原稿をクライアントに差し戻し、制作担当したデザイナーに修正していただくことは、時間的にも、また広告主から何とかやってよということが見え見えで不可能だ。

仕方なく、データーチェックから始める。もっともいやなのはレイヤーを統合していないファイルで、統合するとき、必然的に不要なオブジェクトや孤立点はないかを調べる。消し忘れがあるときがある。シャドーなどがあるともう最悪で、そんな時がもっとも困る。確認用のPDFは付いているが、自分が制作していないので分からない。そして、決まってなんでこんなことをやっているのかと思う。で結局はつくる。

それでも、中には難しいのがある。通常はモニターに見えるままに印刷できるが、たとえば画像(4C)がPhotoshopのファイルでレイヤーがありシャドーレイヤーや透明レイヤー付きで16ビット。また数点の画像は同じ仕様で、切り抜きでイラストレータ上で画像合成状態となっていて、おまけにバック地に薄い地色があった。しかも、印刷入稿するためにバージョンダウンする。

そして、その画像を埋め込むために、画像psdからepsに変換しレイヤーを統合、解像度は16ビットから8ビットに変換する。しかも透明レイヤーは白地になる。モニター上ではそんなに変化がなかったが、プリントして見ると、うっすらと画像の重ね際に影がでた。もうやってられない。忙しいのだ。

このバージョンダウンは、担当者に印刷会社に頼んで貰うことにした。そして、1時間もしないうちに印刷はできるが、そちらで入稿ファイルは制作して下さいと返信。

リカバリー?となる。実はその方法は松竹梅がある。具体的には書かないが、竹の方法で印刷入稿した。
繰り返すが、これは僕の仕事ではない。

そうはいっても、つくってしまった以上は印刷の仕上がりが気になる。見本紙が毎週届くので確認した。
ネット広告との違いはいくつもあると思うが、当たり前すぎるが媒体は紙で、もっとも恐いのはその原稿が淡い調子の仕上がりのときだ。ページ物の印刷の場合は、見開きページで刷るので、その対抗するページの調子が影響し、ディープな調子の広告があると、淡い調子は若干だが暗めになったりする。

見本紙を確認すると何とかなっていたので安心した。
この例は極端すぎるが、バージョンダウンの仕事は約10本あって、全てそれだけでは済まなかった。そんな状況をアップしてのが、「9月は、なんとか乗り切ったかな」だった。

しかし、終わってみればとてもいい勉強になったことがあった。まさに、他山の石以て玉を攻むべし だった。

あまり大きな声では言えないが、今回のことで調べてみると、それなりの経験があるが、知らないことがあった。

ファイト!(^^)!&ラッキー!(^^)!


ラベル:他山の石 
posted by トモ兄 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月10日

バージョンダウンのみだったが

つづく... から

広告の印刷入稿は完全原稿(完全データ)で入稿する。ところが、不備があることがある。

たとえば、アプリケーションソフトで適応するバージョンが高い場合がある。そんな時にクライアントの広告担当者からバージョンダウンの依頼がある。

そんなことは簡単で、別名保存でバージョンダウンし、クライアントに転送するのみだ。

ところが、基本的なことだがサイズが違ったりすることがある。新聞原稿なのでトンボや3ミリの塗り足しは必要ない。画像がjpgだったりpsdだったりする。まは、できるだけ原寸の画像でepsで、リンクでなく貼り込む。フォントはアウトラインをかける。印刷入稿用の原稿のレイヤーは統合する。他にいろいろある。

僕の仕事は、バージョンダウンダウンのみで、そんな不備は実際につくった制作者が修正を行うことで一切関係ない。

ところが、


posted by トモ兄 at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月09日

まずは散歩して、それから検証実験

昨日はいつもの印刷入稿があった。担当者により、見事なまでに制作の効率性が違ってくる。昨日はそのために体力の温存を図った。だから、散歩&ジョギングは中止した。

また、印刷入稿は印刷入稿用ファイルを大容量無料ファイル転送サービスで送信するが、エラーがでて使えなくなった。ぼくにとってまさかの出来事で、初めての転送サービスのサイトを使った。何とかなったが、もっとも遅い印刷入稿時間になっていて、クライアントも僕も焦りまくった。何とかなったが、次回も同様なことが起きると不味い。

今日は散歩から帰ってきて、二つのファイル転送サービス(既存と新規)サイトを検証実験する。また、手順なども含めてフォーマットをつくる。

これが、今日のスケジュールになる。

それこそ、毎日使っているような転送サービが、なぜエラーになったのか分からない。もしくはそんなエラーはないと思い込んでいた。これもまた、根拠のない大丈夫だろうという「正常性バイアス」だった。

昨日は、ギリギリセーフで何とかなったが「最悪の日」だった。

とにかく、気分を変えて
今日は、散歩&検証実験。

続きを読む
posted by トモ兄 at 09:59| 東京 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「正常性バイアス」は最大のリスク

10月7日、少し休憩を取って、22時半頃から仕事を再開。

22時40分頃、iPhoneの緊急地震速報アラームが鳴った。
久々だったので、かなり動揺してしまった。

数秒後に激しいタテ揺れがあり、すぐに長いヨコ揺れに変わった。瞬間的に10年前の記憶が蘇り、思わずまた東北かと思ってしまった。

まず、玄関のドアを開け逃げ道を確保。もっと揺れるようだったら靴に履き替え、かみさんに靴を持っていこうと思ったとき、かみさんも、激しい揺れで飛び起きたらしく玄関に来た。

落下物をすぐに確認。ほとんどなく一安心。テレビを付けた。まさかだったが、震源地は千葉県北西部で、マグニチュード5.9。足立区は震度5強だった。空にはヘリコプターが飛んでいた。何か大きな事故があったのか。

30分もすると落ち着いてきた。

停電していなかったので、とにかく印刷入稿用の新聞組版と新聞広告の修正を急いでつくりメールした。

今朝、テレビを付けると、いつ発生するのか分からない、直下型の東京大地震?と今回の地震は関連あるのか。地震の専門家は質問に答え、結論は関連がない。なぜならば、直下型の地震は震源が浅く、今回の地震(震源は75q)は深かったからだそうだ。ただし、今後1週間で同規模の地震が発生する可能性があり、気象庁は注意を呼びかけている。

最近とても気になっている言葉があって、「正常性バイアス」

◎震度5強の地震で、
 思わずまた東北かと思ってしまったこと。

◎僕が生きている間に、
 直下型の東京大地震は起こらないと思っていること。

「正常性バイアス」とは、自分にとって都合の悪い情報を無視したり軽視することで、根拠もなく自分は大丈夫だろうと思うこと。つまり、大丈夫だろう「正常性バイアス」は、想定外のことから逃げ遅れる可能性が大きくなる。パンデミックはよその国の物語だと思っていた。

「正常性バイアス」も僕にとって、最大のリスクかもしれない。本当は恐い「正常性バイアス」なのだ。

さて、どうしよう?

posted by トモ兄 at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年10月05日

孫の、大人の遊び場

今朝は舎人公園南部の「冒険の丘」周辺を散歩。時間は70分、距離は4qだった。今のところ、歩数は約6700歩。今日はクリニックへ月1回の通院とお薬を購入。加えて、ヘボコーチの日。緊急事態宣言解除で2時間30分練習ができるようになったので、久々に10,000歩を超える。1日の目標は8,000歩だが、団体戦で、ダブルスとシングルスに参加すると、歩数は20,000歩を超える。だから、1日8,000歩だと、ダブルスとシングルスは難しいかも。できるだけ努力したいと思っている。

スクリーンショット 2021-10-04 10.43.32.jpg

  冒険の丘1.jpg  冒険の丘2.jpg

  冒険の丘3.jpg  冒険の丘4.jpg

  冒険の丘5.jpg  冒険の丘6.jpg

  冒険の丘7.jpg  冒険の丘8.jpg

3年前の夏、孫たちは舎人公園内にある「じゃぶじゃぶ池」で楽しんだ。

じゃぶじゃぶ池.JPG

舎人公園南部の「冒険の丘」も、孫たちには間違いなく最高の遊び場になる。

冒険の丘9.jpg

ただし、緊急事態宣言は解除になったが、微妙な時期。そんなことも考えながら写真を撮った。

今日の散歩コースは、「冒険の丘」、みんなの広場、自然観察公園を回った。

また、ヘボコーチの日は、当たり前に焼き鳥屋で一杯。大人の遊び場である、卓球練習&飲みニケーションは、もう少し我慢なのか?
これまた、微妙だ。

続きを読む
posted by トモ兄 at 15:05| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする